>  利活用実績情報一覧  >  利活用実績No.3 「ゲストハウス⽇本宿屋168」

利活用実績No.3 「ゲストハウス⽇本宿屋168」

所在地:豊中市庄内東町2丁⽬ / 野⽥⼩学校区

建 築 年 : 昭和58年(1983年)
建物面積: 
敷地面積: 
構 造: RC・SRC造
階 数: 3階
建て方: その他(店舗・住宅)
居室(和室): 2室
居室(洋室): 7室
利活用者

CJIBOX 株式会社【登録No.22】

マッチング時期 平成28 年(2016 年)12 ⽉ 契約時期 平成29 年(2017 年)9⽉ 利活用形態 賃貸
改修内容

⽤途変更(寄宿舎→簡易宿所)、内装全般(壁・床等)、ベッド・エアコン等設置、靴箱等はDIY。

利活用内容

宿泊施設「ゲストハウス⽇本宿屋168(Hostel J Culture 168)」
平成30 年(2018 年)3⽉にグランドオープン

利活用者の
HP等

(ホームページ)

(フェイスブック)https://www.facebook.com/HJC168/

※マッチング時期:空き家所有者等と利活用希望者の引き合わせを行った時期

利活用内容(詳細)

 宿泊施設「ゲストハウス⽇本宿屋168(Hostel J Culture 168)」は、庄内に開設した訪⽇旅⾏者向けのゲストハウスです。

 利活⽤者であるCJIBOX は、YANG さん・井関さんご夫婦で運営する会社です。「とよなか起業・チャレンジセンター」の⽀援を受けて平成20 年(2008 年)に起業され、これまで中華圏の訪⽇旅⾏者向けに、主に北摂・豊能地域を対象とした、観光・国際交流事業(ガイド向け研修ツアーや交流・⽂化体験ツアーなど)を企画・展開されてきました。過去には、「おおさか地域創造ファンド」にも採択され実績を積み上げてきました。

 その⼀⽅で、訪⽇旅⾏者の宿泊先が⼀般的なホテルとなっていたため、YANG さん・井関さんご夫婦は交流と宿泊をセットにした場として、「ゲストハウス(簡易宿泊所)+交流拠点」を持ちたいという夢を持っていました。懇意にする不動産会社さんと⼆⼈三脚で物件探しをされていましたが、⾒合う物件がなかなかみつからず2年以上続いていたところでした。

 そのような折、本事業に登録し、今回「ゲストハウス⽇本宿屋168(Hostel J Culture 168)」となる物件と出会うこととなります。

 この物件は、3階建の建物の3階にあります。元々は1階に遊戯施設があり、その社員向けの寮(寄宿舎)でした。その後、1階は芝居の演芸場となり3階には役者さんたちが住んでいましたが、丁度退去されるタイミングで所有者に空き家登録をしていただきました。

 この物件は3階だけで約380 ㎡あり、12 室に区分されていました。YANG さん・井関さんご夫婦は、ここに⾃⾝の事務所を移転させ、8室の宿泊空間や受付、共⽤空間(⾷堂、和室、イベントルーム兼コワーキングスペース)をつくる改修を⾏いました。改修を⾏うにあたっては、豊中市の「住まいと空き家の相談窓⼝」の⼀つであるNPO 法⼈ユニバーサルデザイン推進協会(ゆにばっぷ)に相談し、ゆにばっぷさんのメンバーが改修設計から⼯事および各種の許認可を⼿がけられました。

 そして、最初に引き合わせをしてから約1年2ヶ⽉経った、平成30 年(2018 年)2⽉に各種検査を終えついに営業許可の⽇を迎えました!その後、3⽉に内覧会、プレオープンイベント、そして3⽉13 ⽇からグランドオープンとなりました。

 YANG さん・井関さんご夫婦の強い想いがあり、そこに所有者さん、ゆにばっぷさん、不動産会社さんなどをはじめとする⽅々の⼤きな協⼒があったからこそ実現したものと考えています。

 取材は、内覧会の際にお邪魔しました。⼤きなのれんがまず迎えてくれました。宿泊室をのぞくと、各室の床の⾊が分かれており、また、各ベッドには花のマークをつけています。聞くところによると、宿泊客にはその⾊・マークの付いた鍵を渡すことで、⾔葉が通じない場合でもベッドが分かるようにする⼯夫とのこと。なるほど、勉強になりました。

 地域での交流機会を増やすことを考えているYANG さん・井関さんご夫婦は、当初より⾷事提供は想定せず(つまり素泊まり)、地域で⾷事をしてもらうことで⽇本⽂化を知ってもらうことや、地域の経済が少しでも良くなることを考えています。宿泊者からは早速「庄内は住⺠の⽣活を知ることができる良い場所」というコメントももらっているそうです。

 また、共⽤空間としては、⾷堂、和室、イベントルーム兼コワーキングスペースがありますが、それぞれにテーマを設けて交流やチャレンジができる場にすることを⽬指しています。例えば普段は、和室を⽂化活動の貸し教室として地域活動団体に使ってもらい、訪⽇宿泊客が⾶び込みで参加したいときに、⽂化体験できるような仕かけとすることを考えています。また、イベントルームも地域の活動団体等の利⽤も想定されており、庄内の新たな交流スポットが⽣まれることとなります。この拠点からどのような交流の輪が広がるか、今からとても楽しみです。



写真(利活用前)
rikatsuyoumae (1) rikatsuyoumae (2) rikatsuyoumae (3) rikatsuyoumae (4)
写真(利活用後)
rikatsuyougo 1 rikatsuyougo 2 rikatsuyougo 3 rikatsuyougo 4 rikatsuyougo 5 rikatsuyougo 6 rikatsuyougo 7 rikatsuyougo 8 rikatsuyougo 9
利活用内容イメージ図
<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988A88977083438381815B83578
活動情報
chirashi kaiinboshu